2011年12月25日 (日)

乗り物酔いには

年末年始が近づき、帰省や旅行をする方が多くいらっしゃるかと思います。
そこで今日は、乗り物酔いのレメディーのご紹介です。


Cocc.(コキュラス) Petr.(ペトロリューム) Tab.(タバカム)

旅行に出かけて乗り物酔いになると、楽しい気分も半減してしまいますね。吐き気、不快感、めまい、冷や汗は不快なものです。乗り物酔いをしやすい人は、船や自動車などに乗ると思っただけで、恐怖心や不安感をおぼえるかもしれません。

また、経験の少ない子どもは、大人に比べて乗り物酔いをしやすいと言われます。
最近はペットと一緒に車で出かける機会も多くなっていますので、乗り物酔いしやすいペットもいるでしょう。

揺れが少ない場所に座る、遠くを見る、本を読まない、換気をよくするなど従来の予防法にプラスして、レメディーを使ってみませんか。乗り物に乗る前にも、乗っている間にもリピートしてとっていただけます。

上記の3種類のレメディーは、いずれも乗り物酔い全般に合うものですが、乗り物酔いだけでなく、ほかの場面でも必要に応じて使うことができます。

Cocc.(コキュラス):乗り物の動きに弱く、食べ物のにおいで吐き気を催します。飛行機で酔ったときによいですが、飛行機での移動による時差ぼけにも合うため、血行に関連するArn.(アーニカ)とともに海外旅行には必須のレメディーです。看護疲れによる神経衰弱や睡眠不足にも合います。超音波検査を受けた後など、超音波の影響が考えられる場合にもおとりください。

Petr.(ペトロリューム):ガソリンのにおいで気分が悪くなり、口の中に唾液がいっぱいたまるような場合に合います。で酔ったときによいです。また、皮膚が乾燥してひび割れ、分厚くなったり、ひどいかゆみがある場合にも合います。

Tab.(タバカム):列車で酔ったときによいです。吐き気・おう吐によく合います。外気を欲しがります。また、タバコをなかなかやめられない場合のサポートとしても使うことができます。

3種類を一度にとってもよいですし、症状に合わせて自分に適したレメディーを使ってみるのもよいでしょう。

なお、お酒に酔ったときは、Nux-v.(ナックスボミカ)をお使い下さい。

|